発毛剤で髪が抜ける?初期脱毛の発生理由と仕組みをわかりやすく解説

初期脱毛と育毛剤
プロペシアなどのAGA治療薬には「初期脱毛」と呼ばれる副作用が存在します。髪の毛を生やす薬なのに、飲むと髪の毛が抜けていくのです。

これはいったいなぜなのでしょうか。初期脱毛によって抜け落ちてしまった髪の毛が、再び生えてくることはあるのでしょうか。

「初期脱毛が怖くて薄毛治療薬に手を出せない」
「初期脱毛が起こる理由をわかりやすく説明してほしい」

そのような方も多いのではないかと思います。そこで当記事では、初期脱毛が発生する理由や、その仕組みをご紹介したいと思います。

毛生え薬で髪が抜ける!?初期脱毛は何故起こるのか

初期脱毛について知るには、まずヘアサイクルというものを知っておかなければなりません。

ヘアサイクルとは、毛が生えて、成長して、成長が止まって、抜けて、また生えての繰り返しのこと。頭髪だけでなく、人間の毛は全てそのようなサイクルにしたがって、生えたり伸びたり抜けたりを繰り返しているのです。

成長期→退行期→休止期→成長期

成長期とは髪がぐんぐん育っていく期間のことで、2~6年の長さがあります。成長期を経て髪の毛は退行期に入り、成長が止まります。

その2週間ほどの退行期を経て休止期に入り、ここでは3~4ヶ月かけて古い髪の毛が抜けて、新しい髪の毛が生えてきます。そうするとまた成長期に入るわけですね。

AGAとは、上記の成長期が非常に短くなってしまうことに起因する薄毛です。プロペシアの役割は、その極端に短くなった成長期を元に戻すこと、ヘアサイクルを正常に戻すことなのです。その過程において、「初期脱毛」という副作用が発生します。

初期脱毛の仕組み

初期脱毛とは、ざっくり言ってしまえば「病気にかかった古い髪の毛が抜けること」なのです。

成長期が短いと、髪はぐんぐんと育っていくことができずに、ひょろひょろとした毛=弱毛として荒野の貧草の如く頭皮に弱々しく残存しており、AGAの進行の著しい頭皮だと、ほとんど産毛のようになってしまっています。

プロペシアはヘアサイクルを元に戻す薬。そのために一度、そのような「薄毛病」にかかった髪の毛を除去して、頭皮の状態をリセットしなければなりません。

薄毛病にかかってしまった髪の毛は、どうやったってそれ以上成長することはないからです。

古くてダメな髪の毛を一旦排除する、頭皮の状態をリセットする、これが初期脱毛であるわけです。

したがって、初期脱毛は逆に言えば「薬が効き始めた証拠」であり、むしろ喜ぶべきことなんですね。

一時的に髪の毛の量は減るかもしれませんが、そこで抜けるのは遅かれ早かれ抜けていたであろう病気にかかった髪の毛なのです。

つまりAGAにかかっていない髪の毛が抜けることはありません。プロペシアを飲んだからといって、つるっぱげになるということはないのです。

育毛剤に初期脱毛はない

初期脱毛は、プロペシアやリアップなどの薄毛治療薬、発毛剤にのみ認められるものです。ヘアサイクルを正常に戻すという「薬効」によって引き起こされるものなのです。

育毛剤は、プロペシアやリアップなどとは違い、医薬品ではありません。薬効が存在しないため、初期脱毛のようなことは起こり得ません。

もし育毛剤を使って髪が抜けたとすれば、それはおそらく脱毛の発生するような有害物質が含まれているからなので、直ちに使用を中止し、医師に相談してください。

育毛剤はいわばサプリメントのようなもの。頭皮に潤いや栄養を与え、調子を整えること以上の意味はありません。

人気の育毛剤はコチラ

まとめ

以上、プロペシアなどの発毛剤の副作用である初期脱毛についてお話しいたしました。

初期脱毛は病気に罹った毛の抜けることであり、薬が効いている証拠です。病気に罹っていない毛もすべて抜けるというものではないので、そこまで心配する必要はないと思います。

薄毛は放っておくとどんどん進行していきますから、今からケアを始めてみてはいかがでしょうか。