ショッピング枠の現金化は下調べと慎重さが求められます

慎重に現金化する
急にお金が必要となった時に、新たにカードローン申込みを行って審査待ちをすると、時間と手間がかかるだけでなく審査落ちというリスクも伴います。

既にクレジットカードを持っているならば、ショッピング枠として利用できる金額が残っているでしょう。ショッピング枠の現金化を行えば、新たな審査無しに現金調達が可能です。

古くは自分で新幹線の回数券を購入して金券ショップへ持ち込む方法がありました。

しかし、クレジットカードのショッピング枠で換金性が高い商品券を購入出来ないことと同様に、クレジットカードを利用した換金手続きはカード会社の利用規約で禁止されています。

繰り返しショッピング枠を安全に現金化するためには、クレジットカード現金化業者へ依頼した方がクレジットカードが利用停止とならずに手続きが出来るでしょう。

クレジットカード現金化業者には、買取方式と呼ばれる購入商品を買取ることで現金化する方式を採用している業者と、キャッシュバック方式と呼ばれる商品購入特典として現金を受け取れる業者が存在します。

買取方式には法的な問題点を孕んでおり、転売行為に該当してしまうので、違法性をなくして安全にショッピング枠を現金化したいならキャッシュバック方式を利用すると良いでしょう。

キャッシュバック方式ならば、現金化業者とのやり取りは商品売買契約のみですから、家電量販店でいうポイント還元の代わりに商品成約特典として現金振込を受ければ良いだけです。

購入商品は、しっかりと受け取って代金完済まで自宅で保管すれば、ごく普通の取引だと分かるでしょう。

ショッピング枠の現金化を行う際には、現金化業者は細心の注意を払っているので、カード会社へ発覚する原因は利用者側にあることが大半です。

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠の両方が存在していますが、キャッシング枠が設定されている場合にはキャッシング枠いっぱいまで借入をしていないことが前提となっています。

なぜなら、キャッシング枠を使い切った人がショッピング枠の現金化を行う傾向が強いとカード会社が判断しているので、キャッシング枠の利用限度額付近まで使い込んでいる状態では、ショッピング枠の利用状況を通常よりも厳しくモニタリングしているからです。

カード会社から特別な監視下にある状態で、ショッピング枠の現金化を行ってしまうと、発覚してしまうリスクが高くなります。

安全にショッピング枠を現金化したいならば、少なくともキャッシング枠を半分程度空けた状態で、現金化業者を利用することが望ましいです。