電話占いって電話だけで占ってくれると聞いたけど、初めての時はどういう感じでやればいい?

電話占い 初めて
自宅から、もしくは好きな場所から即占いをしてもらえる、電話占いです。電話さえあれば簡単に占いができますし、特に携帯電話があればどんな場所からも相談ができて本当に嬉しいことですね。

しかしこの便利な電話占い、やはり最初に利用する時にはどんな感じでやればいいのか、やはり不安になりますね。電話占いはこんな感じで始まるよ、と言うのをご紹介していきますね。

さてこの電話ですが、占い師に直通ということはまずありません。

勿論ポータルサイトなどでよく見かける、電話占いの館のような物は勿論、個人でやっている電話占い師でも直通電話でという事はありません。オペレーターを通して、その後占い師に繋がる形です。

これは占い師自体の個人情報である個人用の電話を公開しないためでもあり、また占い中に他の電話がかかってきて集中を乱さないためでもあります。なので最初に電話した時にまず話す相手は、オペレーターと思って間違いありません。

近頃では、オペレーターではなく電話自体が自動受付、自動音声応答になっているところもあります。プッシュ操作で占い師を指名もできたり、クレジットカード支払いも出来たりと一層便利になってきました。

電話占いを利用する人自体、出来れば顔を見せること無く相談がしたいわけですから、自動音声での受け答えのほうが心置きなくと言うか気楽に出るのも事実ですね。

さてその後、占い師に電話がつながります。最初の時は大体の感覚で占い師を指名するか、占いの種類で占い師を決めることになります。もしくは友達とか、口コミで評判のいい占い師を頼んで見たりもするでしょう。

幸い顔も見えない電話占いです。どうもこの占い師さんとはあまり相性がよくなさそうだ、と思ったら次からはさくっと止められますし、適当なところで電話を切ってしまうことも出来ます。

顔が見えているとそのあたりはちょっと難しいですが、ありがたいことに表情は相手に見えていませんから安心ですね。

さてこの電話占いの種類を選ぶときですが、多くの種類の占いがあって迷うこともありますね。普通の占いとほぼ同じだけの種類があるので当然です。

しかし何と言っても顔が見えないのですから、人相占いとか手相は普通は見てもらえません。

極たまに、テレビ電話を利用してこれらの占いもしている占い師もいますが、まああまり見かけない少数派です。

それ以外の占いなら多岐にわたって用意されていますが、ここで料金のことも考えて占いを選びましょう。

料金は大体時間制です。なので占いとその前準備に時間のかかる種類のものは、ちょっと衰退気味であることも事実です。

四柱推命や西洋占星術などが、下準備に時間のかかる代表です。お財布のことも心配な場合、霊感占いや霊視などを選ぶのがおすすめですね。